Top > ベリーダンス > ダンススタイル

ダンススタイル

ベリーダンスのスタイルには、エキゾチックなものから、ジャズダンスやヒップホップなどの要素を取り入れたモダンダンスまで様々なものがありますが、踊りそのものはダンサーの即興による場合が殆どです。

従来は観衆を楽しませるために一人で演じられてきましたが、最近ではエンターテイメント化して群舞で踊ることもあり、ベリーダンスの本場エジプトでは、あまり激しく体を動かさずに、細かい微妙な動きでテクニックをみせるダンススタイルとなっています。

その逆で、トルコでは、体を激しく動かしダイナミックな動きが多いスタイルなのが印象的です。又、アメリカなどでは、女性らしさや協調性を前面に押し出した2人以上で踊るダンススタイルです。

このように、ベリーダンスは各国の文化や風土の影響を受けたダンススタイルとなっていて、種類もまだまだたくさんあります。

ベリーダンスは、音楽と一体になって楽しむ踊りで、アラブ音楽で踊るのが一番しっくりして踊りやすいといわれています。そのベースはパーカッションのリズムで、ベリーダンスの音楽になくてはならない楽器として「タブラ」と呼ばれる太鼓のような打楽器があります。

「タブラ」はダンサーの踊りにアクセントを加え、リズムやスピードまでコントロールします。「タブラ」奏者とダンサーとのかけあいも魅力ですが、最近ではダンサー自体が演奏することもあるようです。

ベリーダンスは一人で充分踊れますし、その場合はパートナーが不要なので、いつでもどこでも簡単に踊れることも魅力のひとつです。

ベリーダンス

関連エントリー
ダンススタイルタブラ日本ベリーダンス協会ダイエット
カテゴリー
更新履歴
ダンススタイル(2015年3月 2日)
タブラ(2015年3月 2日)
日本ベリーダンス協会(2015年3月 2日)
ダイエット(2015年3月 2日)